コートダジュール紅茶(リーフ・100g・アルミパック入)

1,620円(税120円)

購入数

南国リゾートを思わせる爽やかでフルーティーな香り

コートダジュールティー:癒しの紅茶専門店リーフィーフランスの高級リゾートを感じさせてくれる爽やかな香りの紅茶

注いだ瞬間に、ゆったりと立ち上がる優雅でフルーティーな香り

ライター 山内早月 様からのご感想コメント

コートダジュールティー:癒しの紅茶専門店リーフィーフランスの高級リゾートを感じさせてくれる爽やかな香りの紅茶

まるで、大きなフルーツバスケットを手渡されたかのよう!

届いた袋を開けた途端、あたりに広がったフルーツの香り。

その濃密で魅惑的な香りに、思わずくらくらしてしまいそうに。

もう、先制パンチを浴びせられたような気分でした。

それも、はっとするほど優雅な先制パンチを。

ピーチやグレープ、メロンにパイナップル……

カラフルなフルーツをバスケットに詰め、

「はい、どうぞ」と急に手渡されたような。

そんな錯覚に陥るほど、豪華な香りが広がったんです。

高まる期待を胸に、まずはカップ選び。

コートダジュールと聞いて連想するのはやはり、

空の青、海の青。あたりに広がる青、青、青!

「それなれば」と、目でも青を楽しみながら飲むことに。

選んだカップに注いで、そっと一口。

予想を裏切らない、とびきり贅沢なフルーツ感!

そっと目を閉じると、目の前に果樹園の光景すら浮かびます。

やわらかな陽の光に照らされて、つやつやとした輝きを放つ果実たち。

収穫を今か今かと待つ、濃く鮮やかな完熟の色合い……。

けれど、「底抜けの明るさ」とはまた違うんです。

清楚さや知性、落ち着き、そんな大人の要素もはらんだ、

控えめな甘酸っぱさ、ゆったりと立ちあがる香り。

人にたとえるならば、

「南仏・コートダジュール地方で、優雅なリゾートステイを愉しむマダム」

といったかんじ?

弾けるような陽気さをもつ甘酸っぱさではないだけに、

夏はもちろん、秋や冬だっておいしくいただける風味。

体をそっとなぜる涼やかな風を感じながら、

やわらかく降り注ぐ陽光を浴びて、この紅茶をいただく。

こよなく贅沢な昼下がりとなりました。

当分、午後のティータイムの定番になりそうです。

ホットでもアイスでもバリエーションを楽しめるコートダジュール紅茶

ホットで...
ティーポットにティースプーン軽く2杯ぶんの「コートダジュールティー」を入れ、熱湯を注いで3分くらい蒸らします。
リーフィー店長のココがポイント:空気が抜けてしまう前の沸騰直前のお湯で入れるとおいしくできます。

アイスで...
ティースプーン軽く5杯分の「コートダジュールティー」に1リットルのお湯を注いで15分蒸らし、氷で急冷します。
リーフィー店長のココがポイント:たくさんの氷で一気に冷やすと、香りがよりいっそう引き立ちます。